お気に入りのiPhone7ケースを見つけよう

iPhone7ケースには、さまざまな種類があり、どれにしようか迷ってしまうほどです。価格の面では、徹底的にコストダウンを図った手軽に購入できる製品から、世界的に有名な一流メーカーの最高級品まで、機能の面で言えば、単純にデバイスをカバーするだけの製品から、公的機関の安全基準をクリアし、過酷な条件下での動作が保証されているような高度な技術の製品も存在しています。ここまで幅広い製品が発売されているのは、数あるスマートフォンの中でも稀で、iPhoneシリーズの強みでもあります。大切なiPhoneを末永く使用するために、不意のダメージからデバイス本体を守るのはもちろん、使い勝手や見た目についても、お気に入りのiPhone7カバーを見つけて、大事に使用したいものです。

使用されている素材からケース選びを考える

iPhone7ケースには、さまざまな素材の製品が存在していまが、現在最も多く普及しているのはTPU素材を用いたケースで、比較的リーズナブルでありながら、中のデバイスを守る耐衝撃性と、ケースその物の耐久性に優れています。また、適度なグリップ感があり、手から滑り落ちるのを防止します。数少ない欠点は、加工や着色が難しいため、クリアを主としたカラーしか存在しない事や、経年劣化により、黄ばみが発生してしまう事です。その経年劣化を解決し、より耐久性を増したエラストマーを使用したケースが出回り始めていますが、現時点ではコストが課題となっています。一方、長きにわたり根強い人気があるのが、ABS樹脂を用いたケースで、強度は他の素材に譲るものの、加工のしやすさ、印刷のしやすさから来るデザインの自由度は他の素材の追随を許さず、強度よりもデザインを重視したケースならば、数少ない選択肢となります。アルミ素材を使用したケースは、高価ではあるものの、他の素材と比較して熱伝導率が高いため、放熱効果も期待出来ます。

使用目的からケース選びを考える

TPUケースやハイブリッドケースは、現在最も耐衝撃性に優れたケースで、デバイスを守る目的ならば、唯一無二の選択肢となります。一方、ある程度の耐衝撃性を度外視し、デザインを優先するならば、ABS樹脂やポリカーボネート素材のケースとなります。元々のデバイスのデザインを活かしながら、サイドフレームの保護と持ちやすさの追求に特化したフレームケース、バンパーも、面白い存在です。手帳型ケースは、この中で唯一液晶画面をカバーします。そのカバーを折り畳む事でスマートフォンスタンドとなり、ハンズフリーで動画を楽しんだり、複数人で資料を閲覧するようなシーンにも重宝します。このように、素材や使用目的から豊富な種類の存在するiPhone7ケースですが、だからこそ、自分に合ったお気に入りを見つけるプロセスは、選び甲斐のある楽しみのひとつです。