自分のスタイルに合ったiPhone7ケースの探し方

2016年9月にiPhone7/7PLUSが発売されてから半年近くが過ぎました。洗練されたおしゃれなデザインと高機能で今までのシリーズと同じくiPhone7も大人気です。しかし、iPhoneにもひとつ弱点もあります。iPhoneを始めスマートフォンは機器の単体を手で持って操作するために不注意で落としてしまうことがあります。打ちどころが悪い場合は一度で故障してしまいます。ですので、ケースを付けてiPhoneをしっかりと守りたいものです。現在各社から様々な形状、デザインのiPhone7用のケースが発売されています。ここでは、iPhoneのケースはどんなものがあるのかよくわからない、どのようなものを選べばいいのだろうなどお悩みの方に向けてiPhone7ケース選びの参考となるようその種類と特徴について紹介します。

iPhone7ケースの種類について

iPhone7ケースには大きく分類するとソフトケース、ハードケース、TPUケース、バンパータイプ、手帳タイプの5種類があります。ソフトケースは柔らかいシリコン素材で作られています。ハードケースの素材はポリカーボネートです。TPUケースには、熱可塑性ポリウレタンが用いられています。この3種類のケースは装着することでiPhoneの側面と背面を守ります。バンパーケースはiPhoneの側面だけを保護します。使われている素材には色々とあるのですが、プラスチックやラバー、アルミなどの軽金属が使われています。手帳型は読んで字のごとく手帳型の形をしており、iPhoneの全体を包み込んで保護します。iPhoneを使用するときは手帳の表紙をめくるように開いて使用し、カードやちょっとした小物を収納できるようになっています。

それぞれのケースの特徴について

ソフトケースは着脱がしやすく耐衝撃性に優れています。また、柔らかく滑りにくい素材であるために持ちやすく操作中の落としにくいのが特徴です。また、カラーやデザインのバリエーションが豊富でイラストがプリントされたものなどがあります。ポリカーボネイトのハードケースは薄くて軽く透明の物が多いので、ケースを装着してもiPhoneの背面のデザインが隠すことがありません。iPhone本来のデザインを損ないたくない方にはおすすめのケースです。TPUケースは、柔らかすぎず硬すぎないシリコンとポリカーボネイトの間のような製品です。半透明なのでiPhoneのデザイン損なうことなく、シリコン素材と同じく持ちやすいのが特徴です。バンパータイプは側面だけを覆うため熱がこもりにくく、長時間の利用に向いています。手帳型は全体を覆うタイプのため高い保護性を誇ります。カラーや素材の種類も多くブランド物などのおしゃれなデザイン物もあります。