iPhone7ケースデザイン最新情報

iPhone7が発売されてからケースが沢山増え始めました。中でも衝撃吸収のできる構造のもののケースがユニークな形をしていて尚且つ強度の高いものだということで人気が向上しています。ケースのデザインは手帳型ケースやハードケースなどが多く若者から大人まで幅広く人気があります。様々なケースが発売されていますが、その中で1つのデザインを選ぶのはなかなか難しいものです。iPhoneは初期当時に比べると機能性や利便性も向上してきましたが、なによりスマートフォンが初期と比べものにならないほど大きくなりました。大きくなった分、手になかなか合わず落下させてしまう人も増え、破損するリスクも上がりました。大体の人はデザイン性を選ぶか、傷や衝撃から守ってくれる性能のあるケースを選ぶかで分かれます。どのようなデザインのケースが良いかご紹介します。

衝撃吸収構造のあるiPhone7ケース

ケースの中でも人気が上がり始めてきたのが、衝撃吸収構造のあるケースです。このケースは落下の際もっとも衝撃のくる確率のある四つ角にダンパーを設置しています。ダンパーを設置する事で、衝撃を四つ角に落下の際の衝撃を吸収できiPhone本体への画面への衝撃を防ぎます。また、衝撃吸収構造は四つ角だけではなくiPhoneの背面となる内部の部分にハニカム構造を導入し、衝撃を吸収しています。ケースの四つ角や内部から衝撃を分散させられるのは、吸収構造のあるケースでしか出来ません。デザインはちょっとゴツい感じのものがほとんどですが、使いやすいデザインです。衝撃吸収構造が導入されているケースはあまり発売されていないため、ネット等で下調べしてから購入するのが便利です。

デザイン性の高い手帳型iPhone7ケース

日常的に利用しやすく男女関係なくオシャレで人気のあるケースが手帳型ケースです。手帳型ケースにも様々な種類があり、レザー調の質のものやデニムの質のケースなど幅広くあります。中でも、最近人気が上がり始めているのがデニムの質の手帳型ケースです。今までであれば、レザー調のものや皮の質のケースがメインで発売されていました。しかしデニムの質のケースがユニークでポケットの部分にお札やICカードを入れるとオシャレでファッションにも合いやすいと人気が向上してきました。手帳型ケースは、質の高いものが多く発売されているので自分自身のファッションにあったケースを選ぶ人が多いです。デザイン性に優れ、ファッションにも合わせやすい手帳型ケースでおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。